心とは何か?心の元にあるものは?植物に心はある?心の場所は?

心とは何でしょうか?

心は目に見えるものではありませんが、人の心には確かに私たちに影響を与えるもので、

時には自信を持てることもあれば、自信がなくなることもあるのも心ゆえだと思います。

それでは心とはどういったものなのでしょうか?

心の元にあるものは何なのでしょうか?

心はどこにあるのでしょうか?

スポンサードリンク

心とは何か?多面的な性質を持つもの


(出典「photoAC」)

心とは何なのでしょうか?

心からは様々な感情が湧き上がってきます。

喜怒哀楽はもちろん、不安になることもあれば安心することもあり、

愛する気持ちを持つこともあれば、憎しみや妬みを持つことも。

また自分に対する自信が持てることもあれば自己嫌悪に陥ることもありますし、勇気が湧くこともあれば臆病になることもあります。

時には納得できる時があったり、納得できない時もあったり、

温かい気持ちになることもあれば、冷たい気持ちになることもあります。

心の変化は様々で、自分の周りで起こったことに対して心が反応することもありますし、

自分で考えたこと、例えば過去を振り返ったり将来を考えることで、心の中から湧き上がってくる気持ちや感情があります。

外部の変化や内部の変化で、様々な変化を遂げるのが心と言えます。

心からは先ほど書いたような様々な気持ちや感情が湧き上がりますが、心の中には常に様々な気持ちや感情のタネがあって、

何かが周りで起こった時や何かを考えた時に、その心の中にあるタネが成長したり急に膨らんだりすることで気持ちや感情が動くような、そんな印象もありますし、

様々な気持ちや感情はプラスとマイナスが常に対になっていて、気持ちや感情が動くときはプラスに傾くかマイナスに傾くかという違いもあるのかもしれません。

また心の中にある感情や気持ちは、どれか一つということもありますが、気持ちや感情は常に一定ということはありませんし色々な気持ちが混ざっている場合も多いと思います。

何かを決断する場合には「何の迷いもなく」ということもあるかもしれませんが、あっちはこうで、こっちはああで、と気持ちの微妙な揺れがある中で、限られた時間の中で決断を下すこともあるような気がします。

そう考えると心にあるものは複雑で、気持ちを一言で表すことが難しい面があると思いますし、そういう意味では心には多面性があると言えるのかもしれません。

それだけ心の中は様々な気持ちや感情のタネがあって、心の中はグラデーションのように様々な感情が混じっていると言えるかもしれませんし、

そのタネの膨らみ具合の違いが心の中では様々に点在していて、いつも揺れ動いているように思えます。


スポンサードリンク

心とは何か?心の元にあるものとは?


(出典「photoAC」)

それではそんな心は私たち人類だけに宿っているものなのでしょうか?

生命はこれまで長い歳月をかけて進化してきましたが、私たち人類だけが突然心を持ったと考えるのは無理があるように思えます。

全ての生き物には心が宿っていると思いますし、その心の元にあるものは生存本能ではないかと思います。

生存本能があるから子孫を残したいと思い、だから恋をする。

生存本能があるから生き延びることに不安を感じ、また外敵に怖さを感じる。

また心は傷つくこともありますが、それも自分の身を守るための心の防御反応だと思いますし、

良いことがあれば嬉しいのも、生き延びるために好都合だからと言えるのかもしれません。

そう考えると様々な感情や気持ちを湧き上がらせているもの。それは生存本能なのかもしれません。

コメント

  1. 永井哲志 より:

    心は脳全体が一つの臓器となって、生み出される機能と考えています。

    • 戸高基史 より:

      永井さんはそうお考えなのですね。

      明確な答えがないことでもあり、そこには様々な考えがあるのだと思います。

      これはあくまで私自身の考えにすぎませんが、

      心は生きとし生けるもの、全てに宿っているのではないか?と考えています。

      私は心の根本にあるものは生存本能のように思えていて、

      心があるから不安を感じ、そのために生命は進化を遂げたようにも思えるのです。

      植物を見ていると、その多様性はそれは見事なもので、

      タンポポのように風でタネを飛ばすものもいれば、

      タネを動物にくっつけて運ばせるものがいたり、

      実を食べさせてタネを運ばせる植物もいれば、

      花や蜜でおびき寄せては、花粉を受粉させる植物もいて、

      植物は、風や他の生き物を利用さえしています。

      私はそんな植物の姿を見ると知性さえ感じますが、

      逆に言えば、植物はそこまでして生き延びようとしています。

      ですので私自身は、植物にも人間と同じではないとしても、

      心=生存本能を宿しているのではないか?と考えている次第です。