Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/philosophy-tetsugaku.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

政治とは何か?本来の政治に求められるバランスと心


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/philosophy-tetsugaku.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

政治の世界で行われることを見ると、様々なご意見をお持ちの方がいらっしゃると思いますが、

本来の政治は、どうあるべきか。

私自身は、そんなことをふと考えたりします。

ここでは本来あるべき政治について考えていきたいと思います。

(追記:記載内容について一部見直しを行いました。)

スポンサードリンク

政治とは何か?本来の政治に求められていること


(出典「photoAC」)

本来の政治には、世の中を丸く収めることが求められると考えられます。

それぞれの人が違う考えを持ち、また違う立場で考える中で誰もが好き勝手に行動していれば、

力がある人とない人がいれば、力がない人にとっては安心して暮らせない世の中になってしまいますし、

政治がきちんと機能していなければ力づくがまかり通ってしまう世界になると考えられます。

そうならないために多くの人たちが安心して暮らせる世の中にするために、

多くの人たちが納得できるように、きちんと話し合いをする中で、

守るべき公平なルールとして法律を作り、その法律を犯す人がいれば警察が捕まえ裁判で処罰するというように、社会は社会正義を実現する方向で発展してきたと考えられます。

(個人的には、力づくがまかり通るのが正義がない世の中だと思いますので、正義がある世の中は力づくではない世の中で、その人の犯した罪に応じてきちんと罰が与えられる世の中だと考えています。)

また社会が平和であればこそ多くの人がその才能を発揮することも出来ますし、それが社会を発展させる原動力になると考えられます。

戦争が起こればスポーツ選手も兵隊として駆り出されてしまうことがありますが、他の国との戦争を起こさないことはもちろん、

国内でも争いが起こらないように、丸く収めることが政治の本来の役割と考えられます。

また民主主義について書いた記事はこちらになりますが、

民主主義は正しい?本来の民主主義と機能させるために必要なことは

民主主義がきちんと成立するためには、きちんとした話し合いをすることが前提になると考えられます。

また経済など何もしないと問題が起こる場合には、その時こそ政治の出番だと考えられます。

スポンサードリンク

政治とは何か?全ての人のバランスを取ること


(出典「photoAC」)

また政治では全ての人の願望が満たせるわけではないと考えられます。

誰しも自分の都合や願望を抱いていると思いますが、

ある人にとっては、こちらが良いけどあちらが厳しい、

またある人にとっては、逆のパターン、

というように、誰にとっても何らかの制限が出てくる形で公平な形で物事やルールが決められるべきだと考えられます。

政治家が立候補したり選挙で戦ったりするにあたっては、

それぞれの人や政党の考え方を元に選挙を戦うことが当然ではあるとしても、

本来の政治は、できる限り全ての人のことを公平に考えた上で、できる限り全ての人のバランスが取れるように、

きちんとした議論の中で意見のすり合わせを行っていき、その中で法律が整備されるなどの運営がなされる必要があると考えられます。

また個人的には政治の世界に求めらるのは、人を抑圧することなく納得感をもって導いてくれる「指導者・リーダー」であって、

良き指導者であれば人の意見に充分に耳を傾けながらも、多くの人の意見に流されることなく優れた指導力を発揮し、多くの人たちを納得感をもって説得することのできる人物が望ましいと考えています。

人権や民主主義、国民主権といった新たな価値観

またここに至るまでには「基本的人権」や「民主主義」という価値観が生まれ、それを活用しながら政治が少しずつ発展してきたと考えられます。

以前の政治は国家という枠組みが権力者という一握りの人のためのもので、そうした一部の人たちが密室で決めたことが法律として定められるものでしたが、

本来の国家という枠組みはそうした一部の人たちのためのものではなく、その国に生きる全員のためのものであるはずで、

その中で「国民主権」という価値観が生まれ、その方向を目指していながらも現在の政治の世界はまだその途上にあると考えられます。

終わりに

民主主義に関する記事でも書いたことですが、

民主主義は正しい?本来の民主主義と機能させるために必要なことは

政治が一部の人たちのためだけに行われないようにするためには、投票率が上がることが一つの有効な手段だと考えられます。

私たち国民はできる限り政治を監視し、選挙という投票行動で政治家に対する厳しい評価をし続けることで、全ての国民のための政治が行われる可能性が出てくると考えられます。

また全ての国民のための政治を行う政治家の出現も望まれるところです。

そういえば漫画のワンピースの1シーンで、ドルトンの心の底から湧き上がった一つの想いがありました。

「国に“心”を望んで何が悪い!!!!」

政治に求められるのは本当は心なのかもしれません。

スポンサードリンク

良かったらこちらを


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/philosophy-tetsugaku.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/philosophy-tetsugaku.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524