Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/philosophy-tetsugaku.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

勉強する意味とは何か?社会に出る準備の意味と科目ごとの勉強の意味


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/philosophy-tetsugaku.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

学校での勉強をしていると、あまり使わなさそうなことを勉強することもあり、

時に勉強する意味について、疑問を抱くことはあるかもしれません。

なぜ?ということを追求することは良いことですが、

ここでは勉強する意味について、考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

勉強する意味とは何か?自分のなぜを解消するため


(出典「イラストAC」)

勉強する意味には、自分の「なぜ」を解消するするため、という意味があると思います。

エジソンは、子供の頃から「なぜ」という疑問が多かったようで、

そのために学校の先生からは、おかしな子供だと受け止められ中退することになりましたが、

母親はエジソンの「なぜ」をしっかりと受け止めて、エジソンを教育したと言われています。

誰にでも「なぜ?」と疑問を持つことがあると思いますが、

そんな疑問を解消することに勉強の意味があります。

また常識とされていることであっても、

疑うことで初めて常識という枠を超えた考えが生まれてくると考えられますので、

実際の勉強では覚えて対応することもあるとしても、

自らの頭で考える力を育むことが、勉強する上では大切なことになります。

勉強する意味とは何か?社会に出る準備期間

また勉強には社会に出るための準備期間という意味もあると思います。

基本的に、勉強というものは「積み上げ方式」で、

例えば、掛け算が分かっていなければ、割り算が解けなくなるように、

過去に学んだことをしっかりと抑えていないと、次が分からなくなります。

そうして知識を積み上げていくのが勉強で、

今の問題が解けていない場合には、その原因を突き止めて、

その上で足りない知識や理解を補っていくと、今解けない問題が解けてくることになります。

ですので本来は、普段から勉強していることは一つ一つ抑えていく必要があって、

学んだ一つ一つの「点」がつながって、線や面になるように積み上がっていくイメージで、

学んだことを一つ一つ抑えること、それはスポーツでも同じですし、

社会に出て仕事を覚えるためにも必要なことになりますので、

勉強は、社会に出るための訓練をしている側面があると、私自身は考えています。

また勉強することは地味なことの繰り返しですが、

社会に出てからの実際の仕事も、実は地味なことの繰り返しで、

そう考えると勉強と社会に出てからの仕事は、似ている部分があると思います。

また高度な知識を持った人が、知識があまりない人をだますために知識が使われることもあります。

知識が乏しければ、相手の言うことが正しいと鵜呑(うの)みにしてしまい、

相手にだます意図があれば、だまされてしまうこともありますので、

勉強して正しい知識を身に着けることで、

自分の身を守ることができるという側面も、否定できない部分ではあります。

スポンサードリンク

勉強したことは役に立つの?


(出典「photoAC」)

中には実生活で役に立つの?という知識を学校で学ぶこともあります。

例えば、サイン(sin)、コサイン(cos)、タンジェント(tan)を学校で習いましたが、

私自身、こうした知識を社会に出て使ったことは確かにありません。

ただこうした三角関数は、山の高さを測るのに活用できます。

上記の図の角度がθ、sinθ=B/Aですが、

XとYの正確な距離と、θの正確な角度が分かれば、山の高さ(A)が分かります。

ここでは簡単にθ=30°、sinθ=0.5としますが、

XとYの距離が1000mだとすれば、

山の高さは、1000m×sinθ(=0.5)=500mと計算することができます。

またこのsinθやcosθなどの値は、角度によって決まる一定の値で、

直角三角形の大きさがどうであれ、角度が決まっている限りは、変わらないものになりますし、

また0°、90°以外の角度での、sinθやcosθなどの値は、すべて計算できますので、

そうすれば、どんな角度の山であっても、高さを測ることができます。

ですのでどんな知識であっても、一見すると自分にとっては役に立たないものでも、

教えられている知識が、どこかで誰かの役に立ったり、どこで役に立つ知識なのか分かれば、

もっと勉強意欲が湧いてくるのかもしれません。

また社会に出て仕事をする際には、様々な職業がありますが、

様々な職業の中から、どの仕事でも選ぶことができるように、幅広く基本的なことを学ぶことには意味があると考えられます。

昔であれば勉強する必要はなかった反面、子供の頃から働くことが余儀なくされていたと考えられますが、

現代の日本のように、求められる仕事のレベルが高くなった社会では、一定程度の基礎知識を幅広く学習することが必要で、

そうした教育を受けられない場合には、収入の高い仕事につきにくくなるという現実もあります。

スポンサードリンク

良かったらこちらを


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/philosophy-tetsugaku.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/philosophy-tetsugaku.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524